本文へスキップ

札幌市 東区の歯医者 加藤歯科医院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.011-722-8020

〒065-0030 札幌市東区北30条東7丁目3-18

医療法人社団 加藤歯科医院
札幌市東区北30条東7丁目3-18
℡011-722-8020

診療案内

インプラント治療

★★インプラント無料相談の予約

℡011-722-8020

(月~金 10時~20時まで
土 10時~13時まで))

『インプラント無料相談をしたいのだけれども』と言っていただければ、大丈夫です。

インプラントで絶対に失敗したくない

そうお考えのあなたに、大切な情報です。

インプラント治療について、痛いもの、怖いものと勘違いしていませんか?

実は、入れ歯やブリッジよりも、歯にとっては安全な方法なのです。

もちろん、インプラント治療を受ける方が増えてきている反面、テレビなどでも、インプラント治療の不安をあおるような情報があるのも事実です。

そこで、このページでは、歯科医師として、下記についての正しい情報をお伝えします。

1.インプラント治療の3つの利点と欠点

2.インプラント治療で安心できる医院の5つの基準

まずは、そもそも、インプラントは、あなたの希望に合った治療法なのか?それを判断していただくために、インプラントの利点と欠点を説明します。

1.インプラントの3つの 利点と欠点 【インプラントの3つの利点】

①ほかの歯を守る働きがある。

インプラントの最大の利点がこれです。

入れ歯やブリッジは、保険の適用もあり一般的な治療ですが、ご自分の歯に負担をかけるというデメリットが生じる治療法でもあります。

その結果、だんだん自分の歯が悪くなり、抜かなければいけない歯が増えてきます。また、結果として、だんだん大きな入れ歯を使わなければならなくなってしまいます。

入れ歯の場合、金具のかかる歯が虫歯になりやすくなってしまいます。磨きにくいので、歯周病も進みやすくなってしまいます。

ブリッジは、被せた金属の隙間から虫歯ができやすくなります。ブリッジの平均寿命は、8年余りと言われています。虫歯が進み、歯がダメになれば、今度は入れ歯になってしまいます。

インプラントは、歯が抜けた部分を補う治療法ですが、周りの歯に負担をかけません。ですから、ご自分の歯を長持ちさせる治療法なのです。

こうした意味で、実は、ご自分の歯にとっては入れ歯やブリッジのほうがインプラントよりも危険なのです。

②入れ歯と違って、何でも食べることができる。

入れ歯は、歯ぐきでかむ力を負担します。もともと、歯ぐきには噛む力を負担できるようにはなっていません。硬いものを噛もうとすると、それなりの力が働き、痛くなってしまいます。

しかし、インプラントは、しっかり骨と結合しますので痛くなく何でも噛むことができます。

たまに、インプラントをしたのだけれども、痛くて噛めないという話を聞くことがあります。

それは、インプラント治療としては失敗です。

治療を受けた医院さんにご相談ください。痛いのは、インプラントと骨との結合がうまくいっていないせいです。当院の場合、保証期間内であれば、速やかに再治療するか、費用を全額お返しします。

③長く使うことができる

入れ歯は使っていると、あごの骨が一年間に、0.5ミリずつやせて合わなくなってきます。ですから、2~3年で作り替えていく必要があります。

ブリッジは、被せた冠の隙間から虫歯ができてしまいます。治療をやり直すたびに、歯が残り少なくなり、最終的には、ダメになってしまいます。

なんともない歯を削ってブリッジを入れるのは、実はとてももったいないことなのです。

インプラントは、手入れがよければ長持ちする治療法です。私が最初に治療したインプラントは20年間もっています。多くの場合、10年以上持つことが多いです。

【インプラントの3つの欠点】

①  保険の適用がなく、自費治療になる。

インプラント治療は、現在は保険治療ではありません。保険に適用されれば、すべての患者さんにお勧めしたいところですが、今のところは、自費治療となっています。

保険の入れ歯や、ブリッジと単純に、金額を比べればずいぶん高いとお感じになるかもしれません。

しかし、年とともに歯が少なくなる可能性の高い従来の治療法をえらぶのか、歯を失うリスクを減らす治療法を選ぶのかという選択肢に出会った際、はたして目の前の金額の多寡だけで選んでいいものでしょうか。

例えば、インプラント治療に100万円かかったとしましょう。10年使ったとすると、一日あたり、270円くらいの負担になります。1食では90円くらいです。その差で、入れ歯で痛くてよくかめなかったり、食べるたびに食べ物がはさまり、人と同じものを食べることができずに我慢したり、食事のたびに外して洗わなければならないわずらわしさがなくなるのです。

入れ歯の違和感や、しゃべりにくさもなくなります。しかも、ご自分の歯が、減っていくリスクも小さくなるのです。

この負担は、もったいないことでしょうか?入れ歯を入れていると、もっとご自分の歯が少なくなり、大きな入れ歯を入れることになり、もっと大変になります。

あとあとの健康や、治療がもたらす経済的メリットを考えると、インプラントを入れないほうが、もったいないと考える人の方が多いのではないでしょうか。

歯が一本抜けてしまったら、すぐにインプラントにするのが、一番費用も掛かりませんし、残った歯を守ることにつながります。歯が抜けたときに、すぐインプラント治療をする。これがいちばん良いタイミングです。

②外科処置が必要。

インプラントを、埋め込むためには外科的な治療が必要になります。歯科医院が怖い方にとっては、すごく心配なことだと思います。

痛かったり、腫れたり、時間が長かったり、自分は我慢できるだろうか?不安が、不安を増していきます。怖い気持ちは、なくならないかもしれません。

しかし、インプラント治療を受けた患者さんからは、手術時間が短かったとか、痛くなかったという喜びの声をいただくことが多くあります。

加藤歯科医院では、安心、安全、痛くない治療のために、いろいろな対策をしています。これにつきましては、あとで記載をさせてもらいます。

③あごの骨がやせているとできない場合がある。

インプラントは、とてもいい治療法ですが、残念ながらあごの骨がやせているとできない場合があります。あるいは、術後の腫れや痛みが大きな、複雑な治療が必要な場合があります。

これにつきましては、他院様で、できないと言われても、当院でできる場合もありますし、当院でやっていなくても、他院様で対応している場合もあります。

できるかどうかは、CTで調べてみればすぐにわかります。

ここまでインプラントのメリットとデメリットを解説してきました。お読みいただいた方はインプラントのことについてある程度ご理解いただけたと思います、しかし、その一方で本当に自分にあっているかどうかは、なかなか決められないかもしれません。

そのような場合には、

★★加藤歯科医院のインプラント無料相談を、ご利用ください。そもそも、インプラント治療ができるのかどうか?どのくらいの時間と費用が掛かるのか?etc…

ご希望の方には、CTを撮影して、詳しく説明することもできます。どうぞ、お気軽にご相談ください。

インプラント無料相談の予約は
℡011-722-8020

(月~金 10時~20時まで
土    10時~13時まで))

『インプラント無料相談をしたいのだけれども』と言っていただければ、大丈夫です。

★★インプラントについて正しい知識を書いた
特別な小冊子を無料でお渡ししています。

小冊子「もうこれ以上自分の歯を
抜きたくない人に知ってほしい大事な話

加藤歯科医院院長 加藤誠也著

【内容の一部】

・入れ歯を入れているとほかの歯まで抜けてしまうのをご存知ですか?

・入れ歯が歯を悪くする2つの原因

・入れ歯を使わなかったA様、B様、C様に起こったこと

・治療した歯の寿命について

・歯は削ると弱くなる

・年をとったら、歯が少なくなるのは当たり前?

・先進国の治療法とは?

・インプラントで安心できる5つの基準

・インプラントQ&A 

など、読みやすくまとめてみました。

ご希望の方に無料でご送付します。

ご希望の方は、

℡011-722-8020

まで、「インプラントの小冊子希望」と、お電話ください。

※無料相談の方にも、お配りしています。

2.インプラント治療で安心できる医院の5つの基準

①インプラントに対してしっかり勉強しているのか? 
インプラントは、歯科医師であれば特別な資格がなくても実施することができます。メーカーの主催する3時間くらいの基礎的なことを教えてくれるセミナーに参加して、終了証をもらうと、すぐにインプラント治療ができるようになります。

しかし、安全にインプラント治療を行うためには、継続的に勉強していくことが必要です。

インプラントの技術も、どんどん新しく進歩してきています。インプラントの勉強会や、学会に所属して継続的に勉強している歯科医師に、手術をしてもらったほうが安心です。

②インプラントの経験が、豊富にあるのか?

インプラント治療は、外科処置です。また、決して簡単な治療ではありません。したがって、ドクターの経験年数の多い少ないは、信頼性を考える上での大事な目安になります。

年間に50本くらい埋入している歯科医院ならば、経験豊富であるといえるでしょう。また、インプラントは、歯科衛生士などのアシストも必要になります。治療本数が少ないところは、スタッフの経験値も低いでしょうから、手術時間も長くなりがちです。

③どんなインプラントを使用しているのか?

インプラントメーカーは、数十社あります。どんなインプラントを使っているのかも、大切なポイントです。あまり小さなメーカーのものだと、万一、会社がつぶれてしまった場合、サポートを受けられなくなります。

インプラントの製品価格自体も、会社によって異なります。治療費が安いからと言って、品質の低いものであっては患者さんが困ります。

また、メジャーなインプラントは、扱っている歯科医院が多いです。ですから、もし引っ越しなどをした場合でも、サポートを受けることが可能になります。

会社が違うと、ツールなども異なり、ほかの歯科医院では扱うことができない可能性も大きくなります。ですから、メジャーなインプラントを扱っているところのほうが安心といえます。

④消毒や滅菌をきちんとしているのか?

インプラント治療は、外科処置になります。消毒や滅菌がしっかりしていないと、治りが悪くなったり、最悪、院内感染で肝炎やエイズなどの病気がうつってしまうかもしれません。

きちんと滅菌消毒している歯科医院さんは、普段の治療でもしっかり滅菌消毒をしています。日頃の治療で、きちんとすべての器具を交換して消毒しているのか?滅菌バックに入れて、汚染しないように保管しているのかなど、確認できるかと思います。

できれば、手術室や手術専門の部屋があるほうが、安心です。

⑤きちんと説明してくれるのか?

術前診査では、CTを撮り骨の診査をしないところでは、治療を受けてはいけません。骨の量によって、インプラントができるかどうかが決まるのですから。

CTを撮影し、専門のコンピュータソフトで分析し、その画面を見ながら歯科医師が説明してくれるところが安心です。

インプラントの治療法や、リスクなどもしっかり説明してくれるところをお勧めします。とにかく、納得できるまで説明してくれるとことをお勧めします。

いかがでしょうか?インプラント治療を受ける医院選びの参考にしていただけると幸いです。

インプラント無料相談の予約は
℡011-722-8020

『インプラント無料相談をしたいのだけれども』と言っていただければ、大丈夫です。

■加藤歯科医院で実際に治療を受けた患者さんの声です。

・とにかく違和感がない。自分の歯と同じ

・外で食べる時も、友達と同じものを食べられるようになって、うれしい!

・何でも噛める。

・自分の歯のように使えて満足している。

・ちゃんと噛める。自分の歯もインプラントも同じように噛める。

・ブリッジの時には、噛むと痛かったのがなくなった。一本分でも、全く違う。

・かみ合わせが安心できる。

・食べるのがスムーズになった。

・ほかの歯への負担が減った感じがする。

・思ったより楽だった。入れ歯のような手入れがなくて楽だ。

・乾きものも気にしないで噛める。

・入れ歯のわずらわしさがなくなった。

■インプラント治療を 担当する歯科医師

加藤歯科医院院長 加籐誠也  

日本口腔インプラント学会所属
北日本口腔インプラント研究会所属

加藤歯科医院院長の加藤です。

患者さんの歯を守るために、11年前から定期健診を始めました。現在、毎月300人以上の方が、定期健診に来ていただいています。これは東区でも有数の数です。

できるだけ、歯を抜かずに残すような治療を選択しています。

インプラント治療にも積極的に取り組んでいます。

それは、ご自分の歯を守るために、必要な治療法だと考えるからです。入れ歯で、お困りの方を救うことができる治療法だからです。正しいインプラント治療は、安全ですし、あなたの人生にきっとプラスになります。

インプラントに関しては、20年くらいのキャリアがあります。現在、年間、60~70本のインプラント埋入をしています。

正直に言いますと、うまくいかなかったこと、患者さんにご迷惑をおかけしたこともあります。成功したことだけを誇るのではなく、反省すべきことからも学びました。今までの経験から、安心、安全、痛くない治療を心がけています。

■加藤歯科医院が、安心、安全、痛くない治療のためにしていること

「安心」のための取り組み
デンタルインプラントコーディネーターの資格を持つスタッフが、しっかりカウンセリングしています。中には、3~5回もカウンセリングを受ける方もいらっしゃいます。しっかり納得して安心して治療を受けていただけるかどうかを、決めていただきます。

カウンセリングは無料ですし、あとからしつこく電話をしてインプラントを押し付けるようなことは、いたしませんので、安心して相談にいらしてください。

3か月おきの定期健診に来ていただける方には、5年間の保証を付けています。もし、何か問題があったときには、無料で対応させていただきます。

「安全」のための取り組み
①術前にCTを撮影し、安全に手術ができるかどうかを確認します。
②年間埋入本数50本以上を実施している、経験20年の院長が手術します。
③安全のために、様々な専用の器具を使います

■ストッパー
インプラントを埋める穴をあけるときに、ドリルにストッパーを付けています。例えば、10ミリの深さの穴をあけたいときには、それ以上、削ることはできなくなります。これが、安全と治療の時間の短縮化にすごく役立ちます。これが付いていないと、深く削りすぎてしまい事故の原因になる場合があります。CTを使い、深さを決めて、それ以上削らないストッパーを使うと、安全です。

■シムプラント

インプラント専用の、CT画像分析ソフトです。
インプラントを実施する前に、このソフトを使って分析しています。CT付属のソフトでも、分析を行いますが、必要があればシムプラントを使い、さらに安全性を高めています。

■ピエゾサージャリー
骨を切ったり削ったりする必要があるときに、使います。時間が短く、体に対するダメージを最小にする効果があります。

■リサ

「リサ」は小型滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアしたクラスBオートクレーブです。これを使い、安全な滅菌をしています。

その他にも、マイクロテックのリフティングドリル、明るいLEDライトによる拡大鏡、3ミックス、βーTCP,アパタイトなど安全を高める工夫をしています。

④術前投薬で、感染予防。器具の滅菌消毒を徹底しています。

「痛くない治療」のための取り組み
しっかり麻酔をして、できるだけ短時間で処置が終わるようにしています。

無理をして難しい症例を、こなすよりも、できるだけ安全に痛くない方法を選択しています。

もちろん、いろいろな治療法を研究していますので、他院さまでは無理と言われるような状況でも、安全に行えるような場合もたくさんありますので、ご相談ください。

また感染予防のために術前にお薬を飲んでいただいたり、器具の消毒を完ぺきに行うなど感染予防を徹底していることも、痛みの発生を抑える役割を果たしています。

★インプラント無料相談の予約は
℡011-722-8020

月~金 10時~20時まで
土    10時~13時まで))

インプラント無料相談をしたいのだけれどもと言っていただければ、大丈夫です。

★★インプラントについて正しい知識を書いた特別な小冊子を無料でお渡ししています。

小冊子「もうこれ以上自分の歯を
抜きたくない人に知ってほしい大事な話

加藤歯科医院院長 加藤誠也著

【内容の一部】
・入れ歯を入れているとほかの歯まで抜けてしまうのをご存知ですか?

・入れ歯が歯を悪くする2つの原因

・入れ歯を使わなかったA様、B様、C様に起こったこと

・治療した歯の寿命について

・歯は削ると弱くなる

・年をとったら、歯が少なくなるのは当たり前?

・先進国の治療法とは?

・インプラントで安心できる5つの基準

・インプラントQ&A 

など、読みやすくまとめてみました。

ご希望の方に無料でご送付します。

ご希望の方は、
℡011-722-8020
まで
「インプラントの小冊子希望」と、お電話ください。

※無料相談の方にも、お配りしています。

■インプラント治療の費用について
インプラントは自費治療になります。
インプラント1本埋入:¥248000となります
骨の状態がよく、フラップレスでできる場合 
¥198000
審美的に、キレイに仕上げたい場合
¥338000(ジルコニアアパットメント含む)

■お支払い 現金のほか、カード、36回まで無金利のデンタルローンがつかえます。

治療費は、医療費控除の対象になります。

インプラント治療無料相談、小冊子のご請求など

加藤歯科医院のインプラント治療について
各種お問合せは下記の電話まで
℡011-722-8020

■噛むことは、健康に良い。 広島県尾道市の調査では (1) 残っている歯が9本以下で入れ歯を使っていない人に寝たきりもしくは日常生活に介護が要る人が多い。
(2) 残っている歯がが9本以下で入れ歯を使っている人に寝たきりもしくは日常生活に介護の要る人がずっと少ない。
(3) 残っている歯が20本以上ある人に寝たきりは殆どいない、そして噛める人は寝たきりが少なく、高齢でも仕事をしている。

歯がたくさん残っていて、しっかりかめる人は脳の血流量も維持され認知症になりにくいという報告もあります。歯がなくなっても、入れ歯などでしっかりかめる人は、歯のある人と同じように健康な状態を保つことができるという報告もあります。ですから、入れ歯でもしっかりかめることはとても大切なことなのです。

そのため、加藤歯科医院では何でも食べることのできる入れ歯コンフォートや、金具のない審美的な入れ歯バルプラストを作成しています。しかし、歯がなくなったあごの骨はだんだんやせてきます。ピタッと合った入れ歯もだんだん合わなくなってしまうので、作り直しや調整が必要になります。

Kato Dental Clinic■患者さまの感想

以下に当院で治療を受けた方の感想を載せておきます。
参考にしてください。(読みやすいように、手書きの写真の下に、活字でコピーを入れています。)

■症例1



以前よりインプラントに関心はありましたが、情報も少なく躊躇しておりました。

治療方法の丁寧な説明をいただいたおかげで不安も払しょくされ安心して受けることができました。治療を受けている間の気持ちとしては、当然痛くないとは言えないが、その都度適切な対応をしてくださるので、思った以上の大変さはありませんでした。

又、先生始めスタッフ皆様の温かい対応がより緊張を緩和していただいたように思います。

治療以前は、口内の苦痛な部分を避けて噛んでおり非常に不便でしたが、終了した今日では硬軟区別なくすべて美味しく自然に口を動かしております。
インプラント治療後のそう快感は筆舌に尽くしがたいほどです。ありがとう御座いました。心よりお礼を申し上げます。

■症例2



この治療を受けたのは、インプラント以外の治療法だと、虫歯でも何でもない隣の良い歯を削ってブリッジにする。というのがどうももったいないというか、せっかくまだまだ使える歯を削るのはちょっと、、、。それが最大のきっかけでした。

私は普段、物事を決めるには時間がかかるほうですが、今回先生に色々ご説明いただき、ほんの数分で治療を決めてお願いしたと思います。

手術にあたり、術後の痛みや腫れの心配はありましたが、『痛くて当たり前!』くらいの気持ちで対応できました。痛み止めの薬もよく効きましたし、腫れもほとんどなかったです。ただ仮歯が一度はがれたので、またはがれるのでは?と不安で歯磨きがいまいちうまくいきませんでした。

4か月は長いようでも、過ぎればあっという間です。2度目の手術は最初に比べたら短時間でしたが、やっぱり術後は痛かったです。(痛み止め服用)

とうとう歯が入って、最初はその厚みに違和感もありましたが、もともと差し歯だったので、それほど気になりません。むしろ、きれいな歯でうれしいです。私の場合、手術時よりも新しい歯が入るときに締めたネジが怖かったです。
★勿論、治療してよかったと思っています!★
とはいえ高額ですし、今後のケアのことも何も分からないので心配はありますが、引き続きご指導いただき、これから頑張っていくつもりです。

■症例3




①いつも通りの噛み方で、クロワッサンをかじった瞬間、さし歯に痛みが走りました。歯医者さんで中の歯(自分の歯)が折れていることがわかりました。インプラントとブリッジの選択でしたが、一本でも自分の歯を健康な状態で残したい思いがあり、インプラントを選びました。

②説明はしていただきましたが、情報が少なくとても不安でした。かかる時間、痛み、治療を受ける場所(ネットで見ると手術室でした)など、心配でした。

③それまでとても心配だったので、実際に治療を受けて、想像と比べ苦痛がなく時間も短かったので、どんどんリラックスしていきました。

④とにかく、仮歯生活が半年もあったので、食べるときに前歯でかめるという嬉しさがありました。少しは力の入れ方をセーブしますが、折れる前とほぼ同じ状態です。

⑤やってよかったと思います。金額はビックるするほど高いですが、自分の歯のようにかめることはもちろん、見た目も自分の歯
(かそれ以上)です。気持ちが明るくなりました。

■症例4



インプラントの治療を受ける前は、正直不安で不安でインターネットでいろいろ調べたりしました。治療を受けているときは、ドキドキが止まらなかったですが、2回目に治療を受けた時には不安はなかったです。
やはり、まだ入れ歯にはしたくなかったので今はインプラントの治療を受けて良かったと思っています。
もう少し値段が安いとありがたいです。少しでも保険がきいてくれればと思います。

■症例5


初めは左の方ばかりで噛んでいた。2か月くらいは気が付くと左の方で噛んでいました。ガム等で右の方を噛むようにしていましたが、3か月後自然に右、左と噛むことができるようになりました。今は自分の歯と同じくらいなり良かったと思っています。

■症例6

手術の前はドキドキしていましたが、手術をして終わってみると大きな手術だと思っていたのですごく時間がかかると思っていましたが、手術の時間も短く痛みも全くなかったです。少し期間が長いが仕方ないと思いました。
入れ歯の取り外しもなくすごくいい。
インプラントを入れての噛み心地はすごくいい。入れ歯よりはとてもいい。何よりも、生活に支障がなく、食べ物の味もすごくわかるようになった。違和感が取れたことだけでもうれしい。だんだんやる人も増えてくると思います。

■症例7


入れ歯だと物がはさまったり、噛みにくかったりしたがインプラントにしてからは、何でもかめるようになりました。

■症例8


■症例9



■症例10


このページの先頭へ
相談してみたいという方へ
無料メール相談こちら
















Kato Dental Clinic加藤歯科医院

〒065-0030
札幌市東区
北30条東7丁目3-18
TEL&FAX
011-722-8020
まずは電話でご予約を